サービスを比較

近年ではより充実したサービスを行っている業者に契約者が訪れる傾向が高いと言えるでしょう。そこでヤフーWi-FiとWiMAXのサービス内容を比較していきたいと思います。もちろん中には同じようなサービスも多いのですが、同じようなサービスも一緒に見ていきましょう。まずはヤフーWi-Fiですが、故障したときに無償で交換や修理ができるサービスを行っています。このようなサービスは、多くのプロバイダーで行っています。

重要なのはどれだけの期間無償修理や交換が受けられるのかという点なのですが、ヤフーWi-Fiの場合には、メーカー保証が1年間、ヤフーWi-Fi補償というのが2年間設けられています。他にもプレミアム会員の場合には、契約してから3年間は割引料金で利用できるというサービスが設けられているのです。ヤフーWi-Fiとヤフープレミアムの両方を申し込めば、3ヵ月無料で映画やドラマ、アニメが見放題になります。

WiMAXの方はどのようなサービスがあるのかというと、もちろん端末補償サービスが行われています。申し込みの条件や利用方法も詳しく公式サイトに明記されているので安心です。他にも月額500円でセキュリティーソフトを導入できるサービスが実施されています。複数の種類があり、選んだ種類によっては1ヵ月から2ヵ月無料となっています。

エリアの比較

現在ポケットwifiは日本全国いろいろな場所で使用することができます。しかし、一部地域では利用できないことがあるのですが、利用する前に自分の住んでいる場所や職場、よく行く場所などがエリア内であるのかを確認しておかないといけません。せっかく契約をしたのに、エリア外であっては何も意味がありません。そこでヤフーWi-FiとWiMAXのエリアを比較すると、どちらの方が範囲が広くなっているのでしょうか。

どちらも日本全国のいろいろな地域がエリア内となっているのですが、日本全国のエリアを比較してみると、WiMAXの方が対応しているエリアが広くなっている地域が多いでしょう。もちろん都道府県によっても異なるのですが、総合的に見るとWiMAXの方が広くなっている傾向にあります。しかし、このようなインターネットの接続サービスというのは、日にちが経てばどんどんエリアが拡大していくのが一般的です。

現時点ではWiMAXの方が、通信できるエリアは広くなっているものの、数年後には逆転してヤフーWi-Fiの方が広くなっている可能性もあるでしょう。もちろん現時点と同様に、WiMAXの方が広くなっている可能性も十分あります。重要なのは、契約時にどれぐらいの範囲がエリア内になっているのかということです。

ポケットwifiとは

最近はいろいろなインターネットへの接続方法があります。昔は電話と繋げるのが一般的でしたが、現在では常時接続が一般的です。ADSLやケーブルテレビ、光ファイバーなどが多く用いられているのですが、ポケットwifiというのも存在しています。モバイルWi-Fiルーターを使用してインターネットに接続するのがポケットwifiなのですが、携帯電話やスマートフォンなどは単体でもインターネットに接続できます。

そのため、このようなモバイルWi-Fiルーターなどを使用しないでもインターネットへの接続が可能です。しかし、薄型のタブレットなどは、パソコンと同じように単体ではインターネットに接続することができません。パソコンの場合には無線LANを使用すれば接続できるのですが、薄型のタブレットはモバイルWi-Fiルーターで接続を行うのです。これがポケットwifiと呼ばれている物になります。いろいろなメリットがある反面、デメリットも存在しているので注意しましょう。

メリットはパソコン並みの速さで料金が安いことや、小型なので持ち運びも楽という点などがあります。デメリットはデータ通信を行う際に、SIMの組み合わせで送信をするので、スマートフォンなどが必要になる場合もあるのです。他にもいろいろなメリットやデメリットがありますし、契約するプロバイダーによってもサービス内容が変わってきます。そのため、比較をしておくことも重要でしょう。当サイトではポケットwifiプロバイダーについて比較をしているので、参考にしてみてください。

TOPIC・・・モバイルWi-Fi最安リサーチ!
モバイルwi-fiやポケットwi-fi、wimaxなど、各社の特徴を比較しているサイトです。